市内と市外への引越しの時に市役所で行う各手続き

転勤をする場合、様々な手続きをする必要があります。その中のひとつに、市役所での手続きがあります。自治体での処理は、引っ越し先が市内、市外によって色々と異なってくるので、注意が必要です。
まず、市外へ引っ越しをする場合ですが、住民異動届もしくは転出届が必要となります。これは、自治体の窓口や出張所、センターなどの窓口で処理をしてもらうことが出来ます。この転出届をもった上で引っ越しをして、転勤先の自治体の窓口で転入届けを出す時に一緒に提出をします。但し、国外へ転出する時は、提出の必要はありません。この転出届を出すために必要なものは印鑑のみです。しかし、印鑑登録をしている場合は印鑑登録証が必要となりますし、国民健康保険に加入している人は国民健康保険証が必要となります。
市内で引っ越しをする場合は、住民異動届もしくは転居届が必要となってきます。転居してから14日以内に提出することとなっていますので、注意するようにしましょう。提出する先は窓口であり、必要な書類も転出届を同様です。但し、子供がいて学区が変わる場合は転校の処理をする必要がありますし、子供手当を受け取っている場合はそちらの住所変更も必要となってきます。また、住民登録証を持っている時は、裏面に住所変更の表示をしてもらう必要がありますので、転居届を出す時に必ず持参して変更してもらうようにしましょう。
このように、引っ越しの時に市役所で行う手つづきは様々なものがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です